データー入力,月3万,稼ぐ,副収入

コンスタントに稼ぎたいのならデータ入力の副業もありですよ!

データ入力のバイトですが、在宅のバイトとして数年前から注目をされています。インターネット環境があれば、家の中でなくても喫茶店でもできる仕事で、日本中どこにいてもこなすことができます。

 

例えば、田舎に転勤して働き口がないという場合であっても、データ入力のバイトに関しては、まったく影響がないのでお小遣い稼ぎとして注目されるのは当然です。

 

では、データ入力で月に3万円稼ぐ仕事量はどのくらいになるのでしょうか。せっかく稼ぐのであれば、数万円程度は稼ぎたいものです。
まずは、仕事の種類からアプローチをしていきます。データ入力の仕事は、名刺データ入力、アンケートデータ入力、企業リストデータ入力、原稿作成業務、リライト業務、テープ起しといった仕事があります。

 

原稿作成業務、リライト業務、テープ起し以外は初心者でもできるので、単価はそこまで高くはありません。

 

 

そこまで高くない仕事を一生懸命こなしたとしても、コンスタントに毎月3万円以上を稼ぐことは難しくなります。稼げる月もあるでしょうが、必ず3万円以上を稼ぐのであれば、原稿作成業務、リライト業務、テープ起しを中心に仕事をしていった方がいいでしょう。

 

もちろん、初心者には難しい仕事なので、慣れてきたらこちらの仕事へシフトするというのが理想的です。

 

 

原稿作成業務、リライト業務、テープ起しの中で、もっとも単価が高いのはテープ起しになります。その分、仕事にかける時間や慣れを要しますが、テープ起しを専門で行っているだけで、場合によっては1万円を一回の案件で稼ぐことができますので、テープ起し中心に仕事をしていくことが、3万円の大台を超えるポイントになるでしょう。

 

ただ、データ入力は慣れてくればタイピングのスピードが上がってきますので、タイピングスピードが速くて仕事を確実にこなしてくれる方には、高額な案件が振られる傾向にありますので、多くの金額を稼ぎたいのであれば毎日コツコツと仕事を続けることが近道ともいえます。

 

 

また、仕事が早くなれば一度に複数の企業から多くの仕事を請け負うこともできます。毎日のコツコツした積み重ねが次第に確実な1万、2万と高額な結果につながります。